AGAの原因には男性ホルモンが大きく影響しています

「どうして、男性はAGAを引き起こしてしまうの?」と、不満を持っている方もいると思います。

 

男性の場合には、若い頃から薄毛に悩む方も多いですから、「どうして、こんな風になってしまうのだろう?」と、感じている方もいるでしょう。

 

では、AGAの原因はどういったところから来ているのか、ご紹介しましょう。

 

AGAは、男性ホルモンが大きく影響していることは、ご存知の方も多いと思いますが、男性ホルモンの中でも、DHTという男性ホルモンが高濃度となることにより、AGAの原因となっていると考えられています。

 

DHTというのは、ジヒドロテストステロンという成分の略となり、毛乳頭に作用することで、髪の成長などを邪魔していることになります。

 

DHTにより、髪が育つためのヘアサイクルを乱してしまい、成長していくはずの髪の成長期を終わらせ、髪がしっかりと育つ前に抜けてしまう状態を作り出してしまうということ。

 

また、DHTは、ホルモンの不足を補うため、テストステロンが変換されたものとなっています。

 

このように、AGAの原因は、男性ホルモンが大きく関係していることになり、ヘアサイクルが乱れてしまうことで、育つはずの髪を育てることが出来ず、薄毛の状態を引き起こしてしまっていることになります。

 

AGAを改善していくためには、この男性ホルモンの抑制を抑え、正しいヘアサイクルに戻していくことが、大切となってきます。

 

頭皮環境もしっかりと整えて、ケアを行っていくことが重要となっていくでしょう。