AGAとDHTとの関係性とは?

薄毛に悩んでいる方は、「どうして、薄毛になってしまったのか?」など、原因を探っている方もいると思います。

 

そんな方は、髪についての知識などを得ている方もいるでしょう。

 

髪を健康的に育てていくためには、正しい知識も必要ですよね。

 

では、AGAの対策に必要となってくる、テストステロンについて、ご紹介しましょう。

 

テストステロンは、男性ホルモンの一種となっていますが、このテステステロンの働きは、男性らしさを作りだすという働きがあります。

 

例えば、筋肉を作ったり、声変わりをしたり、精子を形成したり、体毛を濃くしたりなどの働きを行っています。

 

男性にとっては、とても大切な働きを行っていることが分かりますよね。

 

しかし、年齢を重ねていくことで、自然とこのテストステロンは誰でも減少してしまいます。

 

そして、それを補おうと働きかけるのがDHT。

 

そして、DHTに変換されてしまうことで、性質なども変化していき、薄毛などの原因などになってしまいます。

 

ということは、男性の場合には、年齢を重ねていくことでテストステロンが減ってしまい、AGAの原因を引き出してしまう可能性があるということ。

 

DHTは、思春期にも発生するものですが、年齢を重ねた際の働きとは変わってくるため、ヘアサイクルなども乱してしまい、AGAを引き起こしてしまうということになります。

 

このように、男性のAGAの悩みはDHTに変換されてしまったテストステロンが大きく影響を及ぼしていることになります。